不慣れな海外での生活には予想外の病気やケガがつきものですので保険の加入をお忘れなく

補償内容をよく確認しましょう 中国では留学の際に保険加入を義務付ける大学が増えてきています。海外旅行傷害保険や海外留学生保険には、自分に必要と思われる補償内容を自由に組み合わせるフリープランがあります。

気になる保険料は、補償の範囲によりますが、半年で3~7万円、1年間の長期留学ではおよそその2倍が相場となっています。補償内容には以下のようなものがありますが、自分に必要な無いものを見極めたうえで、賢い選択をしましょう。

傷害死亡・後遺障害・疾病死亡…事故の際の怪我で死亡した場合の傷害死亡、後遺症が生じた場合の行為そゆ外、病気で死亡した場合の疾病死亡を補償するものです。数千万円単位の大きな保険金が支払われるものは、その分だけ保険料が高くなります。

治療・救護費用…怪我や棒機の治療や、入院時に日本から家族が来る際などの費用を補償します。海外での治療は日本の健康保険は適用外のため、治療費はビックリするほど高くなりますので、長期留学の際には保険金額をしっかり確保しておきましょう。

賠償責任…他人にケガを負わせてしまったり、物を壊して賠償責任を負ったときに支払われます。

携行品損害…パスポート、航空券、アクセサリー、腕時計、デジカメなどの携行品が盗まれたり、壊れたりするなどの損害を受けたときに保険金が支払われます。

(c) 2013 univff.com All Rights Reserved.