北京や上海などの大都市圏は最低120~130万円が必要

他の先進国と比較すると割安 中国は欧米諸国や日本に比べて物価が安いため、留学費用も割安となるメリットがありますが、留学の申請料にはじまり、渡航費、学費、生活費、海外旅行保険代などを含めると、大都市圏で120万~、中堅の地方都市でも最低100万円は必要です。

地方によって金額に差が出るのは、大都市に比べて地方都市は物価と大学の学費が安くなるためです。例えば学費を見ると、地方都市で安いところでは19万円程度ですが、北京の人気大学辺りになると33万円くらいかかります。

多数の日本人留学生がいる北京や上海などの大都市は留学にかかる費用も大きくなりますが、大都市の大学は一般的に地方の大学よりもカリキュラムが充実していることと、ショッピング施設や病院などが整備されていることなどのメリットがあります。食費や光熱費などの生活費は個人差がありますが、4万円程度あれば特に倹約を意識することなく普通の生活ができます。

中国の主要大学は留学生に対して海外保険の加入を義務づけています。海外へ留学する学生向けの保険も販売されており、サービスによっては病院でキャッシュレスで診察を受けることができたりするものもありますので、事故や病気に備えて、忘れずに加入しておきましょう。

漢語進修生としての語学留学は対象外となるものが多いですが、国内外には中国政府奨学金、日中友好協会公費留学コース、霞山会奨学金(財団法人霞山会)、孔子学院奨学金など様々な奨学金の給付機関がありますので、正規留学を考えている方は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

中国政府の奨学金制度は募集人数が毎年100名以上と多く、学費、寮費の免除など嬉しい内容となっています。願書の締め切りは留学予定年の3月上旬で、9月スタートの半年前となっています。出願時に必要な書類も多いので、日本学生支援機構のホームページで詳細を確認し、早目の準備を心掛けましょう。

(c) 2013 univff.com All Rights Reserved.